電化製品が不調の場合はまず様子を見て電源を落としてみます。

電化製品が不調の時の直し方

電化製品が不調の時の直し方

電化製品が不調の場合はまず様子を見て電源を落としてみます

電化製品が不調の場合はまず様子を見て電源を落としてみます。パソコンの場合は電源を落とすことで編集中のデータが消えてしまうおそれがあるので怖い方法ではありますが、電化製品なら私はあまり悩まずに電源を落としてしまいます。そうすることでリセットされ、正常に戻ることが多いように思います。\\r\\音響の仕事をしていた時に学んだことですが、「叩く」というよくある方法も、実は効果的な直し方なのだそうです。
一時的に何かしらの接触不良が生じて不調となった場合、このショック療法は効果的です。

ただし、叩くというのは大切な機器にはあまり使いたい方法ではありません。
最後に、電化製品のスイッチが不調の時、「作動するまで何度もやる」ことも試してみます。先日これで、空気清浄器のスイッチが直ったところをみると、実は有効な手段なのではないかと思います。とにかく、作動するまで何度も押してみる。これは一度で直るわけではありませんが、10日位しつこく同じようにやっていると、自然とスイッチが入るようになりました。
現在、空気清浄器は今までと同じように作動しています。科学的見解に基づいた方法ではありませんが、簡単にどうにかしたい時、こういった方法は意外と効果的です。