我が家の電化製品が不調の時の直し方は、速攻でメーカーさんに問い合わせの電話をします。

電化製品が不調の時の直し方

電化製品が不調の時の直し方

我が家の電化製品が不調の時の直し方は

我が家の電化製品が不調の時の直し方は、速攻でメーカーさんに問い合わせの電話をします。エアコンや食洗機やテレビなど、たまに時間を置くと、さっきまであった不調が何事もなかったようになくなっている時もありますが、だいたいは悪化しますね。
なので、まずは問い合わせ電話です。
電化製品の本体にはシールが貼ってあり、問い合わせ先が明示されてあったりします。ない場合は説明書に問い合わせ先が書いてありますね。何故そうするかと言うと、それが一番賢いやり方だと学んだからです。

素人が電化製品を分解したり、叩いたりして直そうとすると、かなり高い確率で壊してしまうか、さらに悪い結果に陥ります。私はそれで電化製品を何台かクラッシュさせましたし、手にピリっと電流が流れて痛い思いをした事があります。
当たり前の事ですが、素人が理解できる原因は分解せずとも分かるレベルの簡単なものです。
内部的な不調はプロでしかピンと来ないし、修理でき得ないものなのです。
なので、電化製品が不調の時は、電話をして不調の様子を伝え、その指示に従うのが一番だと思います。その上でどう判断するかです。

修理に来てもらう場合は、補償期間内であるかどうか、だいたいの修理費用の見積もりは如何ほどかなどを聞きます。補償期間外で、修理費用がかなりかかりそうな場合は、新しいのを買った方が早い場合もありますね。
でも電化製品の処分にもお金がかかりますから、財布との相談になります。