電化製品が故障しているのでは?と思ったとき、まずは、取扱説明書を見てみます。

電化製品が不調の時の直し方

電化製品が不調の時の直し方

電化製品が故障しているのでは?と思ったとき

電化製品が故障しているのでは?と思ったとき、まずは、取扱説明書を見てみます。そして、故障しているのでは?という部分を見て、どれにもあてはまらないときは、メーカーのお客様相談室または修理の担当に連絡して、電化製品の不調の部分を言います。
そのときに、用意することは以下のことです。
修理の可能性があるということ、なおらないと判断できることに至るまでのことをチェックします。製品番号はあらかじめ書いておきます。保証書があったら用意しておきます。
最近は電気製品のメーカー保証と、電化製品を買った店舗の保証もあるので、店舗の方も入っておくといいと思います。特にパソコンはメーカーだけだと保障が少ないので、店舗保障も入っておくと修理のときに便利です。

スマートフォン、携帯も同様です。
修理が初めてのときはいいのですが、2度3度目だと修理するよりも買った方がよいということがあるので、購入してから何年目かを把握して、買うか修理するかを決めるといいと思います。大体部品代と技術料で1万円程度であれば修理、それ以上だと買うという選択を私はしています。