購入して数年経つと調子が悪くなる家電製品。

電化製品が不調の時の直し方

電化製品が不調の時の直し方

購入して数年経つと調子が悪くなる家電製品

購入して数年経つと調子が悪くなる家電製品。買い換えには、まだ早いような気がするので、自己流で不調を改善して暫くは使いたいと思っています。
まずは家電製品の取説を読んで、エラー時の対処方法を実行してみます。取説がどこにあるか分からなくなった場合は、メーカーと製品の型番で検索すると、メーカーより取扱説明書がPDFで配布されるので、それを参考にして対処します。
昔は、叩くと調子が良くなると祖父がテレビなどを叩いていましたが、今思えば接触が悪かったものが、叩くことによって正常に接触出来たのだと思います。現在の家電製品は叩くと壊れるので、乱暴なことはせずに、取説通り対処します。
それでも不調が直らない場合は、コンセントを元から抜き、数時間放置して基盤などに溜まった電気を放電してあげます。この方法で電話機や炊飯器、電子レンジが不調から復活した経験があります。この方法がテキメンなのはパソコンです。
パソコンが調子悪くて起動が出来なくなったとき、丸一日コンセントを抜きCOMSクリアしてみました。
そして電源を入れるとみごとび起動しました。
我が家では家電製品が不調になったときは、コンセントを抜いて数時間放置する直し方をしています。