電化製品は、結構あたりはずれがありますし、メーカーによって得手、不得手分野があるようですね。

電化製品が不調の時の直し方

電化製品が不調の時の直し方

電化製品は

電化製品は、結構あたりはずれがありますし、メーカーによって得手、不得手分野があるようですね。我が家でも10年以上使っているのにまったく壊れないで使用できているものがある反面、同じメーカーなのにあっという間に壊れてしまったものがあります。
しかし、電化製品を長く使うのは発火の恐れがあるので、少し怖かったりするのですが。
さて、電化製品が「あれ?壊れたかな?」と思った時は、まずマニュアルの最終ページあたりにある故障かと思った時の対処方を見るようにしています。このページを見てチェックしてみると、大した原因でないことがあり直ってしまうケースも多いです。

しかし、どう考えても不調だ、と思われるケースはあります。たとえば、簡単な例だと異音がするとか。音がするなどという場合は、音がする場所をたたいてみてしまいます。異音がするというケースでなくても不調かなと思い、マニュアルを見てもよくわからない場合、大抵これを行ってしまいます。私はなんだかこれがもっとも有効な手段のような気がします。
しかし、電化製品をたたいて直すというのはよくない、というのも聞いたことがあります。
それから、電源を抜いてしばらくしてから使用してみる、ということもよく行います。本当はこれが一番安全なのかもしれませんね。