電化製品が不調なとき、それはかなりブルーになるときでもあります。

電化製品が不調の時の直し方

電化製品が不調の時の直し方

電化製品が不調なとき、それはかなりブルーになるときでもあります

電化製品が不調なとき、それはかなりブルーになるときでもあります。さらに、普段何気なく使っている電化製品の利便性を特に感じてしまうときでもあります。
そんなときの直し方は、超シンプルに電源を切る、つけるの繰り返し。もう電気にまったく詳しくない人の場合は、これしかないでしょう。感覚としてはこれで半分くらい直ってしまったような記憶があるのですが、気のせいでしょうか。この電源のオン・オフでも直らなかった場合は、取扱説明書です。
該当箇所を読み、その通り操作してみます。これで25%くらいは復帰。
それでも直らない場合は、私の場合、お客様相談室に電話することになります。気持ちが焦っているときのお客様相談室は、なぜあんなに電話がつながらないのか、とさらに悲しくなってしまう場面ですが、必死に耐え、専門家と直接話せて解決する不調がさらに20%くらい。ここまでで95%直るはずです。
そして残りの5%は、残念ながら直せません。新品に買いかえましょう。